アサヒ飲料 スプラッシュトミカ はたらく車 Aタイプ

2020年8月6日

FullSizeRender

アサヒ飲料スプラッシュトミカ

はたらく車 Aタイプ の紹介です。
2020年7月6日より配布。

FullSizeRender

横長のパッケージ。三ツ矢サイダーとは一言も書かれていませんが、三ツ矢サイダーのロゴマーク入り。カラーリングが三ツ矢そのものですからね。

FullSizeRender

パッケージ上側にはお問い合わせ先の記載。タカラトミー系列の会社かと思えば、まさかの凸版印刷さん。パッケージの印刷も、凸版印刷さんなのかもしれませんね。

FullSizeRender

警告は少し前のトミカみたいに、黄色表示。今はオレンジになっています。

FullSizeRender

そのまま回していくと、トミカがひっくり返ります。

FullSizeRender

トミカ50周年記念シリーズの1つなのでしょう。50th ANNIVERSARY のロゴ入り。

FullSizeRender

箱を開けて取り出すとこんな感じ。

FullSizeRender

広げて。2019年1月頃に流通したトミカのような、閉ざされた袋に入っています。

FullSizeRender

パッケージに「画像はイメージです」と記載がありましたが、ここまで違うのはさすがにどうなのかなとは思います。アームの形状からもう違いますし、そもそもトミカの代名詞である、ギミックはありません。

FullSizeRender

タイヤはもちろん、ホイールまでも完全なる別物。マクドナルドのハッピーセットトミカシリーズとは違い、シールを貼ることがないのがまだありがたいところです。

FullSizeRender

今年のマクドナルドのハッピーセットトミカはメッキホイールで、進化したなぁと思ったのが思い出させられるのは何故でしょう。こちらのホイールは印刷での再現なので、かつてのハッピーセットよりは良いです。

FullSizeRender

ここまでネガティブな評価をしてはきましたが、全体的な造形は美しいものがあります。モデルはありませんが、クオリティーは高め。そもそも、亜鉛合金ではなく樹脂系素材のABS製なので、造形面での自由度はかなり高いものと思います。

FullSizeRender

トミカの建機系は、亜鉛合金より樹脂系パーツのほうが多いでしょという感じなので、正直なところ、素材面での違和感はありません。

FullSizeRender

ルーフには三ツ矢サイダーのロゴマーク入り。

FullSizeRender

トミカのシャーシは基本、この向き(進行方向左側)で文字が読めるようになっていますが、スプラッシュトミカはまさかの逆という、最後の最後にまたネガティブ。トミカの定義がそろそろわからなくなってきますよね。スプラッシュトミカはトミカシリーズの一員だけれど、トミカとは別のシリーズと私は思っていますが、そとそもこれは、トミカとは100%別の、スプラッシュトミカという新しいシリーズなのかもしれません。 

FullSizeRender

開封時についていた鍵のようなものは、リアの穴にセット。びゅーんと走ります。

FullSizeRender

一般的なサイズのトミカと比較。

トヨタカローラツーリング

FullSizeRender

スプラッシュトミカのほうが一回り大きいです。

FullSizeRender

そこまでサイズが極端に大きすぎるわけでもなく、なんというか中途半端です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三ツ矢サイダー(500ml*48本)【三ツ矢サイダー】
価格:5040円(税込、送料無料) (2020/7/15時点)