トミカ No.105 スカイライン

2020年8月6日

FullSizeRender

トミカ

No.105 スカイライン の紹介です。


2014年1月発売。

FullSizeRender

実車の発売よりも前にトミカデビューをした数少ない1台。ということは、日産もこのスカイラインに対する気持ちは高かったのでしょう。当時のカルロス・ゴーン会長の意向で、インフィニティのエンブレムになりましたからね。日本でもスカイラインの名前を廃止して、インフィニティ・Q50として売りたかったのだとか。

FullSizeRender

トミカ史上初のインフィニティエンブレムを持つ車種となりました。これ以降、今に至るまでインフィニティのエンブレムを持ったトミカはありません。

FullSizeRender

名前も日産を含まず「スカイライン」。実車のカタログにも、日産のエンブレムは登場せず、NISSAN MOTOR CORPORATION との記載のみ。日産執行部の皆さんのスカイラインに対する気持ち、意識がスカイラインの名前を守ったのかなと。

FullSizeRender

全世界で青系のブルーがこのスカイライン(Q50)のイメージカラーでした。

FullSizeRender

リアのエンブレムは実車もありませんでした。

FullSizeRender

シャーシ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.76 日産 スカイライン【タカラトミー】
価格:473円(税込、送料別) (2020/8/6時点)