ドリームトミカ SP 頭文字D AE86 トレノ (藤原拓海)

2020年5月15日

FullSizeRender

ドリームトミカSP 頭文字D AE86 トレノ (藤原拓海) の紹介です。
2020年1月 セブン&アイグループ限定発売。

FullSizeRender

セブン&アイグループ限定でこの時期に頭文字Dのドリームトミカが発売されるのは恒例行事になりましたね。そのラインナップに必ず含まれているのは、主人公である藤原拓海の愛車「AE86 トレノ」です。

FullSizeRender

ドリームトミカでAE86の頭文字D仕様が発売される!となったときの製品画像のような仕上がりで、TRUENOのエンブレムやナンバープレートが白なのが特徴的。

FullSizeRender
FullSizeRender

様々なバリエーションがある中で、変わらないところがこのサイドビュー。

FullSizeRender

左右ドアは開閉します。

FullSizeRender

テールランプも細かいものになっています。ウインカーの塗装が追加されました。

FullSizeRender

シャーシ。

FullSizeRender

パッケージ。パッケージにはセブン&アイのロゴマークなどはありません。

FullSizeRender

去年発売のドリームトミカ SP 頭文字D AE86 トレノ (藤原とうふ店) と並べて。右側が今作です。
フロントのクオリティーが高いのは今作でしょう。ナンバープレートの印刷があるかないかで大きく雰囲気が変わっている感じがします。

FullSizeRender

サイドは今作(右側)のフロント側にあるウインカーと、前作(左側)のフロント側にあるウィンカーを比べると、色の濃さが違います。今作のほうが黄色に近い色になっています。
ホイールも違く、前作はトミカのホイールを採用。ホイール的には前作のほうが珍しいバリエーション。

FullSizeRender

リアは今作がウインカーの再現があるのに対し、前作にはそれがなく、その変わりなのかTOYOTAのエンブレムの再現があります。APEXなどの各種エンブレムも、前作のほうがやや大きめ。

FullSizeRender

パッケージ。藤原拓海は同じ絵ですが、商品名が(藤原とうふ店)なのが前作、(藤原拓海)なのが今作です。

FullSizeRender

パッケージもこのように違く、今作は上のものになります。