トミカイベントモデル★★No.21 マツダ コスモスポーツ パトロールカー仕様

2020年6月8日

FullSizeRender

トミカイベントモデル★★

No.21 マツダコスモスポーツ パトロールカー仕様 の紹介です。
2018年発売。
パトロールカー仕様となっているので、実在しない架空仕様かと思いきや、トミカのモデルとなっている広島県警察や警視庁で実際に使われていました。なので実在するパトロールカーです。

FullSizeRender

実車に基づいているこのトミカイベントモデル。この塗り分け方も実車そのもの。ウィンカーも塗装されていて、今にも走り出しそうな1台。

FullSizeRender

主に高速隊などで配備されていたパトロールカー。ボンネットの中にはロータリーエンジンを積んでいるので、高速隊にピッタリです。

FullSizeRender

黒箱時代に警視庁モデルがNo.45で登場していて、2010年のトミカ博でもイベントモデルに警視庁モデルがラインナップ。マツダの本拠地である広島県警察仕様は2018年のこのトミカ博イベントモデルがトミカ史上始めて。

FullSizeRender

サイドにはイベントモデルの証「TOMICA EVENT MODEL」の文字入り。

FullSizeRender

左右のドアは開閉します。

FullSizeRender

リアもテールランプとウィンカーがそれぞれ再現されています。上はテールランプ、下はウィンカーです。トミカらしさである細かさが発揮された、イベントモデルです。

FullSizeRender

シャーシ。

FullSizeRender

パッケージ。

特注トミカ イベントモデル★★ No.21 マツダ コスモスポーツ 広島県警察 パトロールカー仕様

新品 トミカ イベントモデル 2018年 No.21 マツダ コスモスポーツ パトロールカー仕様