トミカ No.48 日野プロフィア 葛飾トラック

2020年6月8日

FullSizeRender

トミカ

No.48 日野プロフィア 葛飾トラック の紹介です。
〜2019年8月発売〜
東京都葛飾区とタカラトミーの夢のコラボレーション。(ドリームトミカではありません) トミカ初の市区町村コラボシリーズ。

FullSizeRender

新型プロフィアはしれっとトミカ初登場。葛飾、葛飾が目立ってしまい、あまりこの事実が知られていません。グリル内部まで塗装されており、スープラの影に隠れている感もありますが、とても完成度の高い1台。

FullSizeRender

ベースグレードはハイキャブのハイルーフ 6×2のFRと思われます。日野車の人気なタイプは前2軸ですが、1軸のタイプがモデル。

FullSizeRender
FullSizeRender

箱絵は左右違く、左側は柴又 右側は葛飾納涼花火大会です。その左には葛飾区の文字と区章。箱の下の部分は両面ともに花菖蒲になっています。

FullSizeRender

開閉アクション。「葛飾納涼花火大会の屋台の搬入ごっこ」とか楽しそうですね。

FullSizeRender

シャーシ。

FullSizeRender

パッケージ。トミカに合わせたスケッチになっています。

FullSizeRender

旧型プロフィアがベースの日本通運トラックと比べて。キャブの大きさは新型モデルのほうが大きくなっていますね。旧型はトレーラーのヘッドとして作られ、それをベースにしているので小さくなってしまっているのかもしれません。

FullSizeRender

横から。新型は安全窓がクリアーパーツで再現。旧型は塗装で黒塗りでした。

FullSizeRender

リアはほぼ同じ。

FullSizeRender

シャーシは全く違うものです。

FullSizeRender

去年発売の三菱ふそうスーパーグレートと比べて。キャブの作りの細かさが全然違いますね。プロフィアのほうが少しチープかなという印象。

FullSizeRender

キャブの大きさ自体は変わらず。

FullSizeRender

シャーシは作りが完全に違いますね。

トミカ No.48 日野プロフィア 葛飾トラック(箱)【タカラトミー】

【ポイント20倍!8/21(水)10:00マデ】トミカNO.77日野プロフィア日本通運トラック(箱)トミカミニカータカラトミー

トミカ No.85 三菱ふそう スーパーグレート(箱)[タカラトミー]《発売済・在庫品》