佐世保タクシー特注トミカ BlueCab トヨタ クラウンコンフォート タクシー

2020年5月19日

FullSizeRender

佐世保タクシー特注トミカ

BlueCab トヨタクラウンコンフォート タクシーの紹介です。
2019年6月発売。
BlueCabとは、佐世保タクシー株式会社をはじめとするグループ5社の通称名です。佐世保タクシーは、昭和11年(1936年)創業の長崎県佐世保市に本社を置くタクシー事業者です。


このトミカになったタクシーは、佐世保タクシーの新デザイン車両。デザインをイラストレーターの長場雄さんが手掛けています。

IMG_0389

ブルーキャブの公式オンラインストアで購入したら、発送元は東京都渋谷区。 あれ、長崎県佐世保の会社だったような… 関東地区は渋谷発送なのでしょうか。他の地域がどこから発送なのか気になります。
さてさて、パッケージなのですが、まさかの表面に商品タグ。念のために黒塗り加工をしていますが、ここにバーコードがつけられています… 箱は仕方ないのかなぁ…

FullSizeRender

トミカを箱から出庫させて。さすがに本体には商品タグはついていません。最近、コスト削減でメッキパーツはクリアーパーツに変えられる中、この特注トミカはメッキパーツで登場。グリル内のクラウンの王冠のエンブレムはしっかりと印刷で再現されています。

FullSizeRender

バンパーをよ〜くみると色が塗り分けられています。ヘッドライトの下は黒ですが、その下は灰色。細かいところまで忠実に実車が再現されています。

FullSizeRender
FullSizeRender

デザインは左右対称かと思いきや…左側面(画像上)はテールランプの前に青丸で「TAXI」と書かれたマークがついていますが、反対側の右側面にはそれがありません。

FullSizeRender

左側面のドアは開閉アクション付き。お客さんを迎えに行く、目的地に届けるといった遊びができますね。それが実在するタクシー会社のトミカでできるなんて、さらにリアリティーが上がります。

FullSizeRender

バスの特注トミカのようにナンバープレートの再現はなし。エンブレムもクラウンコンフォートのエンブレムはなしで、トヨタ自動車のエンブレムのみ。シンプルでいいかもしれませんね。

FullSizeRender

タクシーといえば行灯。行灯はこれのために作られたオリジナル仕様。1つの特注トミカを作るのに専用のパーツが作られることはなかなかないので、将来的にBlueCabの他の車種がトミカ化されることがあるかもしれません。BlueCabにはトヨタシエンタや日産リーフもあり、この2台はトミカ化されています。おや??

FullSizeRender

シャーシの色は黒です。

FullSizeRender

トヨタ自動車の次世代タクシーであるジャパンタクシーと並べて。

FullSizeRender

長崎県佐世保市をイメージして。日産リーフとメルセデスベンツGクラスが友情出演。

トミカ No.51 トヨタクラウンコンフォートタクシー

トミカ No.99 トヨタ シエンタ (箱タイプ) | おすすめ 誕生日プレゼント ギフト おもちゃ

タカラトミー トミカ No.93 日産 リーフ 初回特別仕様

タカラトミー トミカ No.93 日産 リーフ(箱) NO93ニツサンリ-フ [NO93ニツサンリ-フ]

【全品ポイント増量中!】 トミカ No.27 トヨタ ジャパンタクシー

【ふるさと納税】黒豚ロールステーキ(8入)

【ふるさと納税】角煮まんと長崎一口餃子54入中華セット

【ふるさと納税】長崎和牛ロース肉ステーキ(2枚)

【新品】【本】るるぶ長崎 ハウステンボス 佐世保 雲仙 ’19