西日本JRバス発足30周年記念トミカ 三菱ふそうエアロキング

2020年8月8日

FullSizeRender

西日本ジェイアールバス特注西日本JRバス発足30周年記念トミカ

三菱ふそうエアロキング の紹介です。


2018年10月に発売されたばかりの新作。価格は900円と近年の特注トミカ、バス会社・事業者特注トミカにしてはお安いお値段な1台。

FullSizeRender

ナンバープレートをよ〜く見てみると…「なには」ナンバー。「なにわ」ではありません。西日本ジェイアールバス 大阪高速管理所には、「なにわ」バージョンの実車が存在するのですが、なぜ「なには」にしたのかが謎。

FullSizeRender

「なにわ」ナンバーの実車?元ネタ車?は、山陽道昼特急広島号、東海道昼特急号、山陽ドリーム広島号などの中長距離の高速バス路線に就航しています。

FullSizeRender

乗車は中扉から。

FullSizeRender

フルタンポ印刷。前タイヤ横の西日本JRバス 社名表記はもちろん、グリルや細かなしめきりなどの表記があり、とても細かく完成度が高い。これが900円なんて、西日本ジェイアールバス社は赤字ではないのでしょうか。心配になるくらい完成度が高いのです。

FullSizeRender

2001年式の古い車両がベースなので、ライト周りがブラック。バンパーには補助等もついていて、実物がそのままトミカになってしまったかのよう。2回建バス、人生で1度は乗りたいですね。
リアのナンバープレートも「なには」。これはエラーとかではなく、そういう仕様なのでしょう。

FullSizeRender

西日本ジェイアールバスのデザインがパッケージにも。最近のバス事業社局特注トミカシリーズのパッケージは、自社色を出しつつも、統一感がある感じが多いですね。箱も大切にコレクション!