トミカ No.62 ラ フェラーリ 初回特別仕様

2020年5月27日

FullSizeRender

トミカ

No.62 ラ フェラーリ 初回特別仕様 の紹介です。
2018年8月の新車。
トミカにフェラーリがラインナップされるのは、1999年12月以来と約20年ぶり。そのためか、各地のトミカを扱う量販店では長い行列ができました。私も並びました。

FullSizeRender

ラ・フェラーリ。世界限定499台のフェラーリを代表するGTカー。近年のフェラーリの象徴。大きなお口、この奥行きがたまりません。ヘッドライトはクリアパーツで再現されていて、リアルさが増しています。

FullSizeRender
FullSizeRender

サイド。クオリティーがトミカプレミアム並みに高い。黒にはフェラーリのエンブレムが映えますね。

FullSizeRender

リア。テールランプは別パーツで再現。赤のクリアパーツが使われています。通常ラインナップシリーズのトミカでは異例のこと。約20年ぶりのフェラーリということもあってか、かなりの高クオリティー。ランボルギーニがヤキモチを焼いていそうです。

FullSizeRender

シャーシ。車名表記はなしで、社名表記があります。

FullSizeRender

パッケージ。パッケージにもフェラーリエンブレム。

FullSizeRender

ライセンスマーク。Ferrari の文字がカッコいい。