トミカ No.41 モリタ CD-Ⅰ型 ポンプ消防車

2020年9月8日

FullSizeRender

トミカ

No.41 モリタ CD-Ⅰ型 ポンプ消防車 の紹介です。

FullSizeRender

10年以上のロングセラートミカで、そろそろ箱のイラストの雰囲気でもオールドさがわかるようになってきましたね。

FullSizeRender

裏は最新版に更新されていて、玩具安全基準マーク(STマーク)が2020年のものになっています。製造は2020年3月なので、シャーシに刻印がある初期モデルかもしれません。それは、最後のお楽しみにとっておきましょう。

FullSizeRender

日野の初代デュトロ(トヨタダイナ/トヨエース・ダイハツデルタ)をベースにモリタが消防車に架装した車両がトミカに登場しました。日野自動車から版権を取得していないのか、お顔周りはそれっぽく作ってあります。

FullSizeRender

本格ポンプ消防車車としてトミカでは、とても重宝されている1台。他の2tクラストラックをベースとしたポンプ消防車は販売されていないくらいです。顔はそれっぽくでも、金型はしっかり作り込まれていますし、ネガティブな要素はないに等しいでしょう。

FullSizeRender
FullSizeRender

モデルはカタログ仕様なので、「東京消防庁」などの記載はありません。ポンプ周辺も、プラスチックではなく亜鉛合金のため、かなりずっしりとした重みがあります。細部まで塗装されていて、本気を感じます。

FullSizeRender

ポンプ消防車の中身も再現されています。

FullSizeRender

上から。

網目の再現まであって、本当に細かすぎる1台。最高です。

FullSizeRender

お待ちかねのシャーシ。黒字で「C20」の刻印を確認できました。