イオンオリジナルトミカ No.50 スバル WRX STI Type S 日本警察仕様

2020年6月8日

FullSizeRender

イオンオリジナルトミカ

No.50 スバル WRX STI Type S 日本警察仕様 の紹介です。
2020年5月発売。

FullSizeRender

チューニングカー→セーフティーカー→世界の警察シリーズとなって、久しぶりに白黒のパトカーがイオン特注シリーズに登場。アメリカの保安官のパトカーの次が日本警察とは驚きですね。

FullSizeRender

チョイスも驚きのWRX STI Type S。WRX S4の覆面パトカーは高知県警察、埼玉県警察などで採用されているのですが、STI Type Sは白黒でも覆面パトカーでも採用されていません。(2020年5月現在) 

FullSizeRender

ボンネットは開閉するので、エンジンルームを開けて楽しむこともできます。パトカーのエンジンルームなんて殆ど見ることができないので、トミカだからできる楽しみ方ですね。

FullSizeRender

日本警察とざっくりとした商品名ですが、所属は「警視庁」。東京都下のどこかにはいるのかもしれません。笑

FullSizeRender

警視庁のパトカーは「POLICE」のマークが入るのですが、それは省略されています。程よい架空感がまた良いですね。
ブーメラン型のパトランプは薄型なので、少し頭が潰れてしまっているような感じになっています。悪くはないですが、視認性の問題はありますね。もちろん、トミカタウンは平和であって、凶悪なスピード違反等は少ないことでしょうけど。笑

IMG_2455

対空表示はありません。このパトカーは、交通機動隊に所属していそうですよね。

FullSizeRender

スバルのエンブレム、STIのエンブレムも装備済み。塗装な感じは国費塗りといった感じでしょうか。
国費塗り=パンパーが黒い、塗り分けがパーツ境界だったり…
都道府県費塗り=黒の面積が少し多め、塗り分けがざっくり…
もちろん、都道府県費で導入のパトカーでも、国費塗りだったりもします。

FullSizeRender

シャーシ。

FullSizeRender

パッケージ。50周年記念パッケージ。イオンシリーズは、ちょうど「No.50」でした。