トミカ Honda シビック TYPE R トミカ50周年記念仕様 designed by Honda

2020年4月28日

FullSizeRender

トミカHonda シビック TYPE R トミカ50周年記念仕様designed by Honda の紹介です。
〜2020年4月の新車〜
トミカ50周年を記念した自動車メーカーコラボレーションの第1弾。トミカ×ホンダです。 

FullSizeRender

パッケージもオリジナルバージョン。

FullSizeRender

デザインは株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター デザイン部 デザイナーの山畑 将紀(やまはた まさのり)さんによるもの。トミカ50周年を祝い、華やかさとTYPE R らしいハイパフォーマンス感を表現したとのことです。

FullSizeRender

パッケージのサイドはトミカの写真。

FullSizeRender

パッケージの上と下には、トミカ50周年のロゴマーク。

FullSizeRender

TYPE Rの象徴であるホンダの赤いエンブレムから。

FullSizeRender

少し斜めから。ライト下の赤いアクセントからもう、カッコよさが溢れています。

FullSizeRender

上から。ボンネットには「50」、さらにその上「50TH ANNIVERSARY」の文字、このフォントもとてもスポーティーで、デザインにマッチしていますよね。ハチマキは「TOMICA」。ウィングには「HONDA」。

FullSizeRender
FullSizeRender

サイドにも大きな「50」。これがテーマですからね。ゴールドのアクセントの中には「TOMICA」の文字。ゴールドのチョイスは、トミカ50周年に対する祝意とのことなので、その中にTOMICAの文字を含むとは… ホンダさん、心から祝っているのでしょうね!

FullSizeRender

リアのナンバープレートの位置には大きなTYPE Rのロゴマーク。これではナンバープレートをつけたくないですね。ずっと家で展示していたい… そんな1台です。

FullSizeRender

シャーシ。既存金型車種に製造日を印刷したのは、これで2例目。「C20」なので3月製造ですね。
本当ならこのトミカの実車を、トミカ博大阪で展示の予定だったとのことです… いつか見れるときがくることを願います。