バスコレクション 立川バスオリジナルセットⅡ 富士重工 7E

2020年8月6日

FullSizeRender

バスコレクション

立川バスオリジナルセットⅡ

富士重工 7Eの紹介です。


2014年発売。


いすゞのシャーシにボディーを富士重工が架装したモデルになります。とても複雑で、カテゴリーに悩みましたが、とりあえずスバル(富士重工)にしました。

FullSizeRender

昨日のエアロスターと同じく、東京都立川市にある上水営業所所属のJ700号車がモデルです。
行き先は国立駅北口。国立駅北口には、鉄道総合研究所(鉄道総研)があります。北口のロータリーを出ると、そこは国立市ではなく、国分寺市という立地の面白さもあります。市境付近に市の代表駅。さらに南口は西武グループのプリンスホテルが所有していたり。考えると面白さ、楽しさが増します。

FullSizeRender

乗降方式は後乗り前降り式。立川バスの大半の路線はこの方式のようです。一部の便に前乗り式があるようなので、その路線は立川バスの中でもレアリティーが高めです。

FullSizeRender

反対側。ノンステップ車ではなく、ワンステップ車。名前の通り、1つステップがあります。

FullSizeRender

リアもシンプルさがあります。ドライブレコーダー搭載車のステッカー以外の装備がありません。乗降表示器がないのに驚きました。導入当時の仕様とも現在の仕様(発売年の2014年)とも書かれていないのでよくわかりませんが、実車にもないのでしょう。

FullSizeRender

シャーシ。製造番号?のK128表記。

FullSizeRender

過密そうな立川駅周辺をイメージしました。乗降対応を終えて動き出そうたするエアロスターを富士重工 7Eが追い越していくという感じです。