トミカ No.29 トーマスランドエクスプレス

2020年6月8日

FullSizeRender

トミカ

No.29 トーマスランドエクスプレス の紹介です。
〜2018年9月の新車〜

FullSizeRender

開封すると、一部のシールがまだ貼られていない状態です。なので、付属のシールを貼る必要があります。

FullSizeRender

このトーマスランドエクスプレスのロゴと、

FullSizeRender

ルーフが自分で貼るシール。フロントのトーマスランドエクスプレスのロゴのシールは少し難しかったです。

FullSizeRender

このトーマスランドエクスプレスも、東京駅・新宿駅・大宮駅から富士急ハイランド・河口湖方面を結ぶ富士急行のバス。トーマスのバスに乗って、富士急にあるトーマスランドで遊ぶことができちゃうのです。

FullSizeRender

今回、モデルになったのは青空柄モデル。青空を背景にトーマスと仲間たちが描かれています。

FullSizeRender

反対側。このセレガが新金型なワケがここでようやく現れます。ドアが折戸式なのです。いつものセレガはスライド式のドアでした。このドアのために新金型。バス好きとしては非常にありがたいポイント。
方向幕にはなにも書いてありません。

FullSizeRender

スライド式ドアの No.72 日野セレガ ジェイアールバス東北 こまちカラーと並べて。ドアだけで全然印象が違いますね。

FullSizeRender

リア。リアはほぼシール。トーマスランドのロゴが大きいです。残念なことにナンバープレートはありません。

FullSizeRender

シャーシは新規のものになっています。スケールは1/156で、スライドドア式セレガと同じ。

FullSizeRender

今度は前から並べて。今回のトーマスランドエクスプレスのセレガは縦に長いです。車高も低め。同じ車種なのに、まるで別の車種のようです。

FullSizeRender

旧モデルのトーマスランドエクスプレスと比べて。旧モデルは姉妹車のいすゞガーラがベース。
いすゞガーラの折戸式モデルは、コスト削減時に作られた金型で、サイズが小さくなっています。なので、スケールは合いません。

FullSizeRender

まるで親子のようです。
富士急行バス トーマスランドエクスプレス詳細はこちら(http://bus.fujikyu.co.jp/thomasland

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.29 ト−マスランドエクスプレス タカラトミー
価格:360円(税込、送料別) (2018/10/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカラトミー トミカ No.29 トーマスランドエクスプレス(箱) NO29ト-マスランドエクスプレス [NO29ト-マスランドエクスプレス]
価格:340円(税込、送料別) (2018/10/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トミカ No.29 トーマスランドエクスプレス(箱)
価格:387円(税込、送料別) (2018/10/8時点)