トミカ No.105 日産NV350キャラバン

2020年5月18日

FullSizeRender

トミカ

No.105 日産NV350キャラバン の紹介です。
2016年4月発売、あと少しで2年前になります。
キャラバンが登場する前の No.105 はスカイラインでした。スカイラインからキャラバンに切り替わったのですが、日産のフラグシップとも言える車と変える必要があったのでしょうか。それにキャラバンの金型が作られたのは、2013年。今年でもう5年ものです。

FullSizeRender

フロントグリルのメッキ、違和感がありませんか? 
そう、下が塗装されていないのです。上のメッキは塗装されているのに… 

IMG_8086

ボディーカラーは違いますが、本来のグリルはこんな感じ。下位グレードはマットなシルバー、上位グレードはメッキ。なので、このトミカは、メッキではなく、マットなシルバー塗装でした。メッキではありません。

FullSizeRender

ここまでザ・商用車のトミカがなかったので、発売当初、コレクター界では賛否がありました。私は働く車が好きなので凄い嬉しいのです。黒バンパーのキャラバンやハイエース。見ていてワクワクするのです。こんなトミカが欲しかったというのは私だけではないはず。

FullSizeRender

ナンバープレート設置部分の上、黒く塗装されています。これも実車に基づくもの。こう見えて全体的に完成度は高いのです。

FullSizeRender

シャーシは黒。キャラバンのシャーシ黒は新鮮味があります。ですが、他にもかつて存在したアプリケーション"トミカシティ"のキャンペーンで配布されたキャラバンパトロールカーで1回あるのです。

FullSizeRender

もちろん、後部ドア開閉アクションがついています。テールランプの感じがリアルです。